教育観の違い

子育観の違い〜学歴について


結婚相性が良いのに、些細な子育観の相違で、不成立となるのは、とてももったいないことです。
一般的に、学歴は、同程度な方が、うまくいくと言われているようですが、結婚において、学歴は一切関係ございません。
学校の成績など、どうでもいいわけです。
これは、決して綺麗事ではありません。
大人になれば、学校の勉強は、簡単に思えるようになるわけです。
高校入試や、大学入試は、中高校生時代に、あの問題ができるかということが問われており、そりゃあできる子は、優秀なことには代わりありませんが、その後の人生の方が大事です。今、解かせてみて、簡単に思えるという方は、現在において優秀だと思います。

結婚においては、生活をするわけで、ローンや投資、公共料金の支払い、子育て、仕事など、様々な厄介事をクリアしていく必要があります。
結婚するにあたって、その能力が相手にあるかは、重要な事柄です。
それならば、過去ではなく、今、優秀なのかを、試すべきではないでしょうか。

それにより、子育観の相違を紐解くヒントが得られるはずです。
どちらも正しいのか、
どちらかが正しく、間違っているのならば、合わせる必要がでてきて、合わせられる二人なのか、
それとも、どちらも間違っている可能性もあります。

子育て観において、結婚相談所仲人は、彼女彼らの話を聞いて、交通整理をすべきです。
あなたは、会員様の話を聞いて、子育のあるべき姿について、明確に答えを出すことができますか?

お受験VS自由
であれば、お受験に軍配があがるということは、先に書きました。
⇔読み返してみてください。

関連記事

  1. 教育観の違いについて〜慶応幼稚舎お受験〜
  2. 【結婚仲人一般知見講座】なぜ英語を勉強するのか?

おすすめ記事

  1. 2万フォロワー目標達成
  2. Twitterのクリック率を上げるTwitterカードの導入
  3. Twitterの名前のコツ
  4. 相互フォローアカウントを自分で作ってしまう
  5. 相互フォローアカウントをフォローしていると、相手からフォローしてくれるようになる
  6. 結婚相手に「忍耐」を求める男性の是非
  7. ブログの必要性
  8. 結婚相談所のポスティング広告の必要性
  9. 独立系小規模な結婚相談所の役割
  10. 恋人に求める条件と、結婚相手に求める条件は異なるのか?
PAGE TOP