男性会員へのアドバイス

男性会員へのアドバイス 具体的事例

男性会員へのアドバイスのポイント

みなさんにとって、結婚相談所の男性会員へのアドバイスは、どのようにされているでしょうか。

結婚というものは、相性なわけですが、私は、男性会員様へは、その
男性会員様の長所を伸ばせる結婚なのか
という面から、仲人はアドバイスをすべきなのではないかと考えます。

AbemaTV「マリキュラム」に見る、あの「りゅま」くんへのアドバイスを例えにして、分析の仕方を、書いておきます。

プロフィール

年収三百万円の俳優りゅまくん27歳
彼女しおりんは、PR会社勤務の25歳

事例

第6話では、
しおりんの友達には、俳優辞めれんの?
結婚は金よ、というような雰囲気で詰められ、いざという時には、
家族と仕事どっちをとるの!?
と詰められていましたが、私は、りゅまくんに、同情するわけです。

年収三百万円の収入が不安定な俳優は、そもそも結婚相談所に登録できない場合が多いでしょうが、ケーススタディーとして考えてみてください。

友達に品定めしてもらうことの是非

まず、
結婚仲人は、自らの男性会員へのアドバイスは、男性会員寄りでなければなりません。

とすると、
この友達たちは、りゅまくんのことを、何も分かっていない。
すなわち、
結婚相手を友達に見せて、品定めをするのは、最悪な行為です。
これを監修してるのは、婚活コンサルタントと言われる人らしいですが、間違っています。
結婚をするのに、友達に会わせる必要はありません。
一番彼のことを分かっているのは、彼女なはずです。

りゅまくん特性分析

りゅまくんは、俳優として成功することが、幸せにつながる人なのです。
このことを、感じられない人は、結婚仲人の適性はないと断言できます。
結婚することで、りゅまくんが、その夢に邁進できないのならば、それは、しおりんと結婚すべきではありません。

りゅまくんへのアドバイス

りゅまくんは、強い意思をもたなければならない。
人の機嫌ばかり気にしてはならないのです。
大切なものを見失わないようにしなければなりません。
そういうりゅまくんに向かって、家族と仕事どっちをとるの!なんて、詰めてはいけないのですよ。
こんな彼女の友達たちに、振り回されては決していけない。

アドバイスの方向性のコツ

もちろん、
しおりん思いの友達であり、「成功」という面からは、彼氏の年収は大事でしょうし、将来性、安定性ある職業かも重要です。
しおりんの友たち二人は、客観的に見れば、何も間違ったことはしていないわけです。

しかし、
このりゅまくんの立場に立ったときには、ダメということです。
この理屈を、ぜひ、理解して欲しいと思います。

その上で、

【欠点】

りゅまくんの欠点を洗い出します。

  • 独断的
  • 心が狭い
  • 浅はか

です。
人のことには寛大そうだが、自分のことは、ダメそうだ。
うなぎ屋につれていくのを見ても、それが分かるでしょう。

すなわち、とても女性的な面をもっているのです。
男性と女性の二面をもっているのが、りゅまくん。
これは、複雑な性格だということです。
この女性的な面だけをみて、柔らかい人だなと思ったら、大間違いです。
かならず、男を出す人です。
その時に、彼女は、耐えられるのか?
そこを見定めなければならないのです。

【長所】

他方で、りゅまくんの長所を考えます。
りゅまくんは、マルチタレントとしての才能があります。
閃きがすばらしい。だから、テレビの仕事に向いている。
それを、彼女は、止めてはいけないのです。
支えないといけないわけです。
そういう夫婦を想像できるのかを、二人は考えるべきです。

「家族」と「仕事」なら、彼は「仕事」を選ばなければならない人なわけです。
それを分かって付き合うべきであり、彼に「家族」を選ばせるようなことをしてはいけないのです。

彼女は、これが分かっているのか。
彼女から、「彼の才能を私は知っている。彼をどんなときも支える。タレントとしての彼を私は好き。二人で成り上がりたい」
そういう言葉を引き出せるか。
無理なく言える彼女なのか。
この一点で、結婚相性を実質的にみなければなりません。
誕生日は、形式的な判断をしているだけです。
日刊結婚新聞 結婚相性診断データーベースはこちら
素直さがない人は、形式的には結婚相性が良くても、うまくいくとは限らないわけです。

結末予想

いまのところ、しおりんは、彼の仕事を、蔑んでいる節がある。
そして、
彼が男を出してきた時、彼女は、受け入れられる土壌を、現状ではもっていない。

りゅまくん、あなたは、あとから、彼女を実は愛していなかったということに気づいて、無理に合わせていたことで、大切なものを失ったということに、後悔しがちです。

結論

行先困難でしょう。
ゆっくり、やるべきだ。
ズバリ
無理に、結婚すべきではありません。

しおりんの本性、
および、ふたりの相性を次に見てあげるべきです。

これが、結婚仲人の仕事ということです。

関連記事

  1. 結婚相手に「忍耐」を求める男性の是非
  2. デートのアドバイス(ランチ編)
  3. 人は、変わりません。
  4. デートのアドバイス(食後のトイレ)

おすすめ記事

  1. 2万フォロワー目標達成
  2. Twitterのクリック率を上げるTwitterカードの導入
  3. Twitterの名前のコツ
  4. 相互フォローアカウントを自分で作ってしまう
  5. 相互フォローアカウントをフォローしていると、相手からフォローしてくれるようになる
  6. 結婚相手に「忍耐」を求める男性の是非
  7. ブログの必要性
  8. 結婚相談所のポスティング広告の必要性
  9. 独立系小規模な結婚相談所の役割
  10. 恋人に求める条件と、結婚相手に求める条件は異なるのか?
PAGE TOP